SONIHULLSONIHULLについて

SONIHULL(ソ二ハル)

海水に接するあらゆる部分に対応する防汚システム

SONIHULL(ソ二ハル)の超音波防汚技術を利用すると、船体はもちろん、プロペラなどの機器や海水配管系統などへの生物付着を防ぎます。今までの防汚技術に比べて大幅なコスト削減を実現します。イニシャルコストはもちろんランニングコストも劇的に削減。 取り付け時に火気工事や貫通工事は不要です。
(海洋生物の持ち込みの防止)MEPC.207(62)における船舶の生物付着管理に関する IMO ガイドラインに従う有効な手段です。

 

SONIHULL(ソ二ハル) 3つの価値

 

SONIHULL(ソ二ハル)の仕組みと効果

SONIHULL(ソ二ハル)の仕組みと効果

SONIHULL(ソ二ハル)システムは、複数の周波数で超音波エネルギーのバーストを生成することによって動作します。 これらの波動は、トランスデューサが取り付けられている物質を介して送信されます。
超音波は、物質の表面に正と負の交互の圧力のパターンを生成する事で、微細な気泡は負の圧力時に生成され、正のサイクル中に内破します。この微細な圧力爆縮は、表面の藻の付着をさける効果があります。
食物連鎖におけるこの最初のリンクを破壊すると、表面がきれいに保たれ、藻類を食べているより大きな生物にとってはそれほど魅力のない生息地になり、 水の非常に細かな動きは、フジツボやイガイの幼虫の附着を防ぎます。

 

取り付けも簡単

SONIHULL(ソ二ハル)の取り付け

取り付けに関しては、トランスデューサーを防汚するべき船体の内側に直接取り付けます。
また上部に、床やアクセスパネルなど交換するのに邪魔な物がなく十分なスペースがあり、ケーブルをコントロールユニットに繋ぐための適度なアクセスがあることを確認してください。
可能な限り最良の表面間接触と超音波信号伝送を確実にするために、表面とトランスデューサー表面の両方が平らでクリーンであることが重要です。トランスデューサーの表面と接触面をきれいにして、ほこりやグリースがないことを確認してください。もし、平面にならないのであれば、平面にするためのアダプターも付属しております。
取り付けは同梱の接着剤で簡単に取り付ける事が可能です。
※取り付け時に火気工事や貫通工事は不要です。